港区で安くていい引越し業者を探す1番簡単な方法

港区で安くていい引越し業者を探す1番簡単な方法

港区 引越し

港区 引越し 相場

港区 引越し 比較

港区 引越し 見積もり

港区 引越し 格安

 

港区の引越しで検索すると、40件ほど引越し業者がヒットします。
このすべてに見積もりを依頼したいところですが、実際はなかなかできませんね。

 

沢山の引越し業者の中から1番評判のいい業者はどこか、安い業者はどこか、サービスがいい業者はどこかなどいろいろ気になって調べても見つけることは出来ないと思います。
それは100%の人が満足と答える引越し業者は存在しないからです。
それなら引越し業者はどこもたいして変わらないのだろうと思われるかもしれませんが、違いはあります。

 

引越しの費用やダンボールサービス、オプションなどは引越し業者によって随分違います。

 

引越し費用=スタッフへの人件費+ガソリン代や高速代などの交通費+ゴミの処理などのオプション

 

引越し費用は持っている荷物の量と新居までの距離に比例します。
荷物が多いほど引越し業者のスタッフが沢山必要ですし、大きなトラックも用意しなければなりません。
新居までの距離が遠いほど、トラックを運転するスタッフの人数も必要となり、ガソリン代も多くかかります。

 

引越し料金を安くしたいなら、当日までに荷物を減らしておきましょう。

引越し費用は荷物の量に比例しますので、できるだけ荷物の整理をして、いらないものは引越し当日までに処分しておくのがオススメです。

とりあえず箱に詰めて、新居でゆっくり仕分けするという方法は、余分に費用がかかることになるのです。

 

そして必ず見積もりは複数の引越し業者から取ってくださいね。
先ほど言いましたように、引越し費用は業者によって随分違います。
比較しないで1社だけに見積もりを依頼して決めてしまうのはもったいないです。

 

1社より2社、2社より4社と数が多いほうが、お得になるチャンスが広がるということになります。

 

しかも今は簡単に引越し業者から一括見積もりが出来ます。便利なうえに利用料は無料です。
できるだけお得に引越ししたいなら、複数の業者から見積もりを取って費用やサービスなどをしっかり比較しましょう。

 

港区 引越し 業者

 

引越し料金の仕組み

 

港区 引越し 仕組み

 

引越し費用は荷物の量に比例します。
荷物が多ければそれだけスタッフの人数は多く必要となりますし、大きいサイズのトラックを用意しなければなりません。
ですから一人暮らしでも本やゲームなど荷物の多い人は費用がかかりますし、単身パックに収まる量の荷物しかない方は費用が安いです。

 

ということは、不用品は引越し前に普通のゴミ収集日を狙って捨てたほうが費用が抑えられるということです。
いらないものは引越し前にできるだけ処分しましょう。
不用品の処理費はオプションとして別料金で引越し業者が引き取ってくれますが、引越し日までに売る、あげる、捨てるなど計画的に処分しておくと費用が抑えられます。

 

一括見積もりの際に捨てるつもりで記載しなかった家具が残っていたりすると、トラックにすべて詰め込めない・追加料金が発生したなどのトラブルになります。
見積もりの際に処分しているつもりのものは必ず処分しましょう。

 

事情があってどうしても処分できなかった場合は、引越し業者に連絡しておくと安心です。

 

引越しの時期と費用の関係

 

外壁塗装時期

 

引越しにはとても忙しい時期があり、この時期を繁忙期と呼びます。
繁忙期とはズバリ3月前後のことです。

 

3月は新大学生や新社会人、人事異動で転勤するサラリーマンととにかく人が一斉に動く時期なのです。

 

引越し業者も毎年大忙しなのがわかっているので、スタッフを増員して繁忙期を迎えるのですが土日祝日などは数が多すぎて到底及びません。
そんなときは泣く泣く予約をおことわりするのです。

 

繁忙期の引越し費用は通常期よりも高めに設定されていますし、割引も期待できません。
もし3月に引越しをしなければならない理由が特にないのなら、他の月に変更しましょう。

 

そんな繁忙期で少しでも引越し費用を安くしたいのであれば、早めに準備することをお勧めします。

 

新居の住所が決まったらすぐに複数の引越し業者に一括見積もりをして業者を比較しましょう。

 

繁忙期といえど、引っ越しの価格はどこも一律同じという訳ではありません。
早めに申し込めばそれだけ多くの引越し業者からの返事がもらえます。

 

しかし引っ越し日ギリギリになればなるほど1社減り、2社減りと最後にはとうとう1社も来ないという事態もあり得るのです。

 

引っ越しは新居の住所が決まったらできるだけ早めに見積もりを取って、業者をおさえておきましょう。

 

 

引越しの日と縁起かつぎ(六曜)

 

港区引越し六曜

 

カレンダーを見ると曜日の他に「大安・仏滅・先勝・先負・赤口・友引」と書かれてあると思います。
これらは六曜と呼ばれ、日本では行事の日取りを決めるのに重要な意味があるものです。

 

見たことはあるけど、それぞれの意味は知らないという方も多いので確認してみてください。

 

・大安・・・何をやっても上手くいく吉日
・仏滅・・・仏も滅するほどの大凶日
・先勝・・・早ければ吉なので午前中が吉、午後2〜6時は凶
・先負・・・午前中が凶、午後が吉という先勝と反対の日
・赤口・・・しゃっこうと読み厄日とされる。何もするのも向きませんが、11〜13時の正午の前後だけは吉とされています。
・友引・・・大安に次いで吉ですが、朝は吉で昼は凶で夕方から大吉という忙しい日です。友達をあの世に引き寄せるという意味もあるため、葬式は行わない。

 

いかがですか?今まで六曜を意識して行事の予定を組んだことはありますか?
六曜が一番関係するのは、おそらく冠婚葬祭です。

 

結婚式は大安か友引に行う人が多く、お葬式は友を引くので縁起が悪いという理由で友引には行わないのが一般的です。
このように日本人は昔から縁起の良い日や悪い日にとても敏感なのです。

 

では引越しの日はどうでしょう?
引越しは大安が良いとされ、今でも大安の日は人気があります。
自分は特に気にはしないけど、親が気にするという方もいます。

 

しかし逆に、仏滅は引越し業者が割引してくれるから費用が安い仏滅にあえて引越しするという方もいます。
縁起がいいとか悪いとか、六曜を気にする人、気にしない人はその人の考え方次第です。

 

 

引越しとご近所への挨拶

 

引越しあいさつ

 

引越しの時にご近所への挨拶はなんとなく気が重くて緊張しますね。
でも新生活を気持ちよく始めるためには、挨拶はしたほうが良いです。
一軒家であれば尚更です。

 

ではいったいいつ頃、挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

引越しの挨拶は、引越ししたその日か遅くても翌日までにはご近所へ挨拶に行きましょう。

 

そんなに早く?と思うかもしれませんね。
なぜそんなに早い必要があるかといいますと、遅くなるほどに廊下や道路でバッタリ会うと挨拶に行くタイミングを失うからです。
忙しいですが、合間を縫って挨拶しに行きましょう。

 

手ぶらで挨拶に行く方もいますが、やはりお互いに初対面ですから手土産があったほうが印象が良いです。
500〜1000円程度のお菓子、お茶、洗剤、タオルなど消耗品が一般的です。
熨斗には「御挨拶と名前」を書いて渡すといいですね。

 

さて挨拶に行くと言っても、どこのお宅まで行けばいいのでしょうか?

 

一戸建てであれば「向こう3軒両隣」の言葉があるように、自分の家の両隣と向かいの家、さらにその両隣に行くものだそうです。
あと戸建ての場合はゴミ捨てや地域のお祭りへの参加など、マンションなどと違う点がありますから、自治会長さんにもご挨拶しておくといいかと思います。

 

マンションやアパートの場合は、上下左右の部屋の方にあいさつしましょう。
集合住宅の生活音はお互いに響きますので、少しでもイメージアップをしておきたいですね。 

 

 

 

 

 

豊島区 引越し業者 春日井 引っ越し業者 品川 引越し業者 松本 引越し業者